年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)

スポンサーリンク
年金請求書 (国民年金・厚生年金保険老齢給付)-2
年金請求書 (国民年金・厚生年金保険老齢給付)-2

支給事由

老齢基礎年金の場合

 1.老齢基礎年金は次の要件のいずれにも該当しないと受けられません。老齢基礎年金の支給要件は次の2つです。

老齢基礎年金の支給要件
  • ①保険料納付済期間と保険料免除期間(全額・半額・4分の1・4分の3免除期間を含む)を合算した期間が10年以上あること。
  • ②65歳に達していること。

   上記の①の10年以上を計算する際にの保険料納付済期間、保険料免除期間のほかに合算対象期間も算入します。

合算対象期間とは

  年金額には反映されませんが受給資格期間としてみなすことができる期間があり、この期間を「合算対象期間」といいます。保険料を納付した期間と免除された期間に合算対象期間を加えた期間が10年以上あれば老齢基礎年金の受給要件を満たすことになります。
 主なものは下記の通りです。

合算対象期間
  • a,費用者年金各法被保険者期間などのうち、20歳前60歳以降の期間
  • b.任意加入により被保険者となることができたが任意加入しなかった期間
  • c.昭和36年4月1日前の厚生年金保険被保険者期間等(厚生年金保険・船員保険の被保険者期間(昭和36年4月以降に公的年金加入期間がある場合に限る、共済組合期間(昭和36年4月以降に引き続いている場合に限る)))
  • d.昭和61年4月1日前に厚生年金保険、船員保険の脱退手当金の基礎になった期間のうち、昭和36年4月1日以後の期間(昭和61年4月から65歳に達する日の前月までの間に保険料納付済期間(免除期間を含む)がある人に限る)

 ( 2)学生納付猶予特例の期間

学生納付特例の期間

 学生納付特例制度は、学生の方が、申請により保険料の納付が猶予される制度です。
この制度を利用することで、将来の年金受給権の確保だけでなく、万一の事故などにより障害を負ったときの
  障害基礎年金の受給資格を確保することができます。
 猶予期間中は年金額に参入されますが、年金額の計算上に含まれません。
(令和3年度の所得基準申請者本人のみ)128万円(令和2年度以前は118万円)+扶養親族の数X38万円+社会保険料控除等。
10年間追納できます。

50歳未満の納付猶予特例

  50歳未満の方※平成28年6月までは30歳未満の方は、審査により保険料が1年ごとに猶予されます。
 猶予期間中は年金受給期間に参入されますが、年金額の計算上は含まれません。
 免除基準が世帯主の所得でなく本人及び配偶者の所得になりました。10年間は追納できます。

老齢厚生年金受給要件

老齢厚生年金の受給要件
  • 老齢基礎年金の受給期間を満たしていること
  • 厚生年金被保険者期間があること
  • 65歳に達していること

②については、1ヶ月でも被保険者期間があれば、被保険者の算定期間があれば、年金額の算定期間に算入できます。

特別支給の老齢厚生年金

特別支給の厚生年金とは

 昭和60年の法律改正により、厚生年金保険の受給開始年齢が60才から65才に引き上げられました。受給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられたのが「特別支給の老齢厚生年金」の制度です。
 老齢厚生年金は65歳からの支給ですが、経過措置として、被保険者期間が1年以上あるものには、比例報酬部分のみ支給されるものと、報酬比例部分のみ支給されるものがありま支給されるものがあります。支給される年齢は、生年月日によって決められ、現在の報酬比例部分の分の支給が段階的に引き上げられています。

報酬比例部分が支給される年齢

生年月日年齢
昭和24年4月2日〜昭和28年4月1日60歳
昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日61歳
昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日62歳
昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日63歳
昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日64歳
女性は5年遅れ

報酬比例部分の原則的な計算式

平均標準報酬月額 X 5.481
——————————————   X 被保険者期間
1,000

 上記の式は平成15年4月以降の計算式です。平成15年3月までの期間がある場合は従前の計算式で計算します。

従前の比例報酬部分の計算式

 平均標準報酬月額 X 7.125
——————————————   X 被保険者期間
1,000

原則、従前両方の期間がある場合は、合算します。被保険者期間については上限がなく実期間です。

加給年金とは

 加給年金とは原則240ヶ月以上あるものに受給権の取得同時、生計維持関係にある65歳未満の配偶者と一定の条件にある子がある時に支給されます。定額部分の支給開始年齢が61歳以降の場合は、定額部分が支給される年齢に達した際に、上記の要件に該当する場合に支給されます。

年金額の調整

 被保険者の間は年金額が在職老齢年金によって、支給が調整されます。
 また、昭和、12年4月2日以降に生まれた人は、70歳に達しても厚生年金の被保険者の資格を喪失しても被用者である間は、65歳以降の、老齢厚生年金と同様、年金額と報酬とで調整があります。

提出事項

提出先

 最後に勤務していたまたは勤務している事業所の最寄りの年金事務所
最後が国民年金の第1号・第3号、共済組合だった人は住所地を管轄する年金事務所

 

提出期限

提出期限

 受給期間を満たした年齢に達した時(時効5年)

 

添付・確認書類

添付・確認書類

 ①年金手帳、②戸籍謄(抄)本、③住民票④受給資格期間の計算対象合算期間が含まれる場合は、その期間を証明する書類、⑤加給年金額の加算の対象になるものがいる場合は、配偶者の年金手帳、身分関係を明らかにする書類⑥普通預金通帳(金融機関などの証明印があれば不要)⑦雇用保険の被保険者証など、⑧個人番号がわかる書類と身元確認ができる運転免許証などの組み合わせ、または個人番号カード

提出者

提出者

受給資格期間を満たしたもの。

 

記載例

60df244734ea289af40b335c2fa1fdf3

最近の投稿

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届 (1)

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届 事業主(または代表者)の氏名または住所に変更があったとき事業主(またはは代表者)に変更があったとき事業主代理人の選任・解任があったとき社会保険労務士の委託・解任をしたとき事業所の電話番号に変更があったとき『昇給月』・『現物給与の種類』・『賞与の支払い月』に変更があったとき 届出をします。

健康保険・厚生年金 任意適用申請書

健康保険・厚生年金 任意適用申請書

健康保険・厚生年金 任意適用申請書 この申請書は強制適用にならない事業所(適用業種で従業員5人未満の個人経営または非適用業種の個人経営)の事業主が社会保険の加入を希望して、被保険者になる従業員の2分の1以上の同意を得て年金事務所長の認可を受けるときに提出します。

被保険者賞与支払い届

被保険者賞与支払い届

被保険者賞与支払い届 この届け出は、賞与が支払われた時に提出します。賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下の支給のものをいいます。賞与・決算手当・期末手当など名称が異なっていても支払う基準に同一性があれば一帯の賞与になります。

賃金の口座振替に関する協定書と 口座振替同意書

賃金の口座振替に関する協定書と 口座振替同意書

 賃金の口座振替に関する協定書 口座振替同意書 提出事由:賃金の口座振替をするには、労働基準法による通過払いの原則の例外として、労働者の同意を得て、賃金口座振替の協定書による協定を結ぶ事が必要です。

年次有給休暇時間単位の労使協定-2

年次有給休暇時間単位の労使協定

年次有給休暇時間単位の労使協定 実際に時間単位年休を導入する場合には、就業規則の定めるところにより、労働者の過半 数で組織する労働組合または労働者の過半数を代表する者との間で、書面による協定(労 使協定)を締結する必要があります。 なお、この労使協定は所轄の労働基準監督署に届け出る必要はありません。

一般

gamepress

パスワードのリセット

プロフィール

メンバーログイン

登録

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました