療養の給付たる療養の給付請求書

スポンサーリンク
療養の給付たる 療養の給付請求書-2
療養の給付たる 療養の給付請求書-2

提出事由

 業務上負傷し、又は疾病にかかった時に労災指定病院等に提出します。

 これを5号様式と言います。

 5号様式を提出することによって、被災労働者は、病気や怪我が治るまで、無料で療養の給付を受けることが出来ます。

療養の給付を受けるための要件

 療養の給付を受けるためには次の要件が必要です。

療養の給付を受けるための要件
  • 業務起因性
  • 業務遂行性

業務起因性

  業務起因性とは災害発生時に労働者が労働契約に基づいて事業主の支配下にあること

業務遂行性

業務遂行性とは
  • 事業主の支配下にあって、管理下にあり業務に従事している場合(所定労働時間、残業時間に事業場内で業務に従事する場合、就業時間中のトイレに行くのも業務上になります。)(原則業務上)(例外 労働者が業務に逸脱する逸脱する行為をしていてそれが原因で災害が発生した場合や故意に災害を発生させた場合、個人的な恨みで暴行を受けた場合、天災事変による場合)
  • 事業主の支配下管理下にあるが業務に従事していない場合(休憩中、就業時間外に会社の施設を使用中)(原則業務外)(例外 事業場の設備・施設の管理が原因で発生した場合、就業中なら業務に付随すると考えられる行為(トイレ等))
  • 事業主の管理下にあるが、管理下を離れて業務に従事している場合。(出張中、トラックの運転手、外出中)原則業務上(出張中は私的行為でも通常の主張に伴う範囲内のものであれば業務上になります。)

記載内容

主な記載内容

⑤労働保険番号

⑧労働者の性別

⑨労働者の生年月日

➓負傷または発病の年月日

⑫労働者の氏名、住所、職種等

⑰負傷又は発症の時刻

⑱災害の発生発生の事実を確認した者の職名、氏名(複数いる場合は最初に発見した人)

⑲災害の原因及び発生状況(できるだけわかり易く、災害発生当時の、場所、業務、原因、どういうふうに怪我をしたのか、傷病の部位、状態を書きます。)

⑳指定病院等の名称・所在地(受診した労災指定病院を書きます)

㉑傷病の部位及び状態

⑫の者について⑩、⑰、⑲に記載したっことを証明しますの欄に事業主の名称・所在地・氏名等

提出事項

 

 

提出先

労災病院等を経由して所轄労働基準監督署

 

提出期限

提出期限

速やかに

 

添付・確認書類

添付・確認書類

特になし

提出者

被災労働者

被災労働者

被災労働者が自ら行うことが困難な場合は手続きを行うように助力しなければなりません。保険給付を受けるために証明を求められた時は速やかに証明しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

3d02db933ca85930bd197826b92cfc59

療養の給付様式5号

202.08 KB

最近の投稿

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届 (1)

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届 事業主(または代表者)の氏名または住所に変更があったとき事業主(またはは代表者)に変更があったとき事業主代理人の選任・解任があったとき社会保険労務士の委託・解任をしたとき事業所の電話番号に変更があったとき『昇給月』・『現物給与の種類』・『賞与の支払い月』に変更があったとき 届出をします。

健康保険・厚生年金 任意適用申請書

健康保険・厚生年金 任意適用申請書

健康保険・厚生年金 任意適用申請書 この申請書は強制適用にならない事業所(適用業種で従業員5人未満の個人経営または非適用業種の個人経営)の事業主が社会保険の加入を希望して、被保険者になる従業員の2分の1以上の同意を得て年金事務所長の認可を受けるときに提出します。

被保険者賞与支払い届

被保険者賞与支払い届

被保険者賞与支払い届 この届け出は、賞与が支払われた時に提出します。賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下の支給のものをいいます。賞与・決算手当・期末手当など名称が異なっていても支払う基準に同一性があれば一帯の賞与になります。

賃金の口座振替に関する協定書と 口座振替同意書

賃金の口座振替に関する協定書と 口座振替同意書

 賃金の口座振替に関する協定書 口座振替同意書 提出事由:賃金の口座振替をするには、労働基準法による通過払いの原則の例外として、労働者の同意を得て、賃金口座振替の協定書による協定を結ぶ事が必要です。

年次有給休暇時間単位の労使協定-2

年次有給休暇時間単位の労使協定

年次有給休暇時間単位の労使協定 実際に時間単位年休を導入する場合には、就業規則の定めるところにより、労働者の過半 数で組織する労働組合または労働者の過半数を代表する者との間で、書面による協定(労 使協定)を締結する必要があります。 なお、この労使協定は所轄の労働基準監督署に届け出る必要はありません。

一般

gamepress

パスワードのリセット

プロフィール

メンバーログイン

登録

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました