年金支給繰上げ請求書

スポンサーリンク
年金支給繰上げ請求書-
年金支給繰上げ請求書-

支給事由

年金支給の繰上げ請求とは

老齢基礎年金は65歳から受給するのが原則ですが、収入がないなどの理由で65歳よりも前に受給したい方は、60歳から65歳の間で希望する年齢から受給することができる制度が、繰上げ制度です。

繰上げ請求対象者

繰上げができるのは、生年月日が昭和16年4月2日以降の方からです。

繰上げ請求した時の減額率

繰上げた場合の減額率は、月単位で、0.5%です。65歳になる前月までの月数に0.5を掛けた率になります。(令和4年4月からは0.4%になります。)

請求時の年齢 減額率
60歳0ヵ月~60歳11ヵ月 42%
61歳0ヵ月~61歳11ヵ月 35%
62歳0ヵ月~62歳11ヵ月 28%
63歳0ヵ月~63歳11ヵ月 20%
64歳0ヵ月~64歳11ヵ月 11%

繰上げ支給で注意すること

繰上げてしまうと一生減額された年金になります。

65歳になったとみなされて繰上げ以降に、障害等級1級・2級の障害の状態になっても障害年金は受け取ることができなくなります。

国民年金に任意加入することもできません。

寡婦年金を受給していた方は権利が消滅します。

記載内容

①個人番号(または基礎年金番号)
②氏名
③生年月日
④住所
繰上げ肢体年金をア〜エの中から選びます。
ア. 老齢基礎年金全部繰上げ請求します(老齢基礎年金のみ全部繰上げ請求)
イ.老齢基礎年金の一部を繰上げ請求(老齢基礎年金のみ一部繰上げ請求)
ウ.老齢厚生年金の繰上げ請求および老齢基礎年金の全部繰上げ請求(老齢基礎年金と老齢厚生年金の繰上げ請求します。)
エ.老齢厚生年金の繰上げと老齢基礎年金の一部繰上げ請求(老齢基礎年金の一部の繰上げ請求と老齢厚生年金の繰上げ請求します。)

用意するもの

提出事項

提出先

市区町村役場又は年金事務所

提出期限

提出期限

 その都度速やかに

 

添付・確認書類

添付・確認書類

 老齢給付年金請求書と同時に提出

提出者

提出者

老齢基礎年金受給資格者で60歳以上65歳未満の方

 

老齢年金支給繰上げ請求書記載例

年金支給繰上げ請求書-

最近の投稿

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届 (1)

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届

健康保険・厚生年金保険 事業所関係変更(訂正)届 事業主(または代表者)の氏名または住所に変更があったとき事業主(またはは代表者)に変更があったとき事業主代理人の選任・解任があったとき社会保険労務士の委託・解任をしたとき事業所の電話番号に変更があったとき『昇給月』・『現物給与の種類』・『賞与の支払い月』に変更があったとき 届出をします。

健康保険・厚生年金 任意適用申請書

健康保険・厚生年金 任意適用申請書

健康保険・厚生年金 任意適用申請書 この申請書は強制適用にならない事業所(適用業種で従業員5人未満の個人経営または非適用業種の個人経営)の事業主が社会保険の加入を希望して、被保険者になる従業員の2分の1以上の同意を得て年金事務所長の認可を受けるときに提出します。

被保険者賞与支払い届

被保険者賞与支払い届

被保険者賞与支払い届 この届け出は、賞与が支払われた時に提出します。賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下の支給のものをいいます。賞与・決算手当・期末手当など名称が異なっていても支払う基準に同一性があれば一帯の賞与になります。

賃金の口座振替に関する協定書と 口座振替同意書

賃金の口座振替に関する協定書と 口座振替同意書

 賃金の口座振替に関する協定書 口座振替同意書 提出事由:賃金の口座振替をするには、労働基準法による通過払いの原則の例外として、労働者の同意を得て、賃金口座振替の協定書による協定を結ぶ事が必要です。

年次有給休暇時間単位の労使協定-2

年次有給休暇時間単位の労使協定

年次有給休暇時間単位の労使協定 実際に時間単位年休を導入する場合には、就業規則の定めるところにより、労働者の過半 数で組織する労働組合または労働者の過半数を代表する者との間で、書面による協定(労 使協定)を締結する必要があります。 なお、この労使協定は所轄の労働基準監督署に届け出る必要はありません。

一般

gamepress

パスワードのリセット

プロフィール

メンバーログイン

登録

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました