はら社労士

社会保険労務士として開業いたしました。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

老齢年金 繰上げ 注意点

スポンサーリンク
老齢年金 繰上げ 注意点 繰上げ
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

老齢年金 繰上げ 注意点

老齢年金 繰上げ 注意点についてお送りします。老齢年金の繰上げは、一度繰り上げると一生涯変わりませんが以下の注意点も注目です。

繰上げの注意点

 2022年4月から老齢年金の「繰上げ」の1ヶ月あたりの減額率が0.4%に緩和されました。

dポイントがどんどんたまる【d払いポイントGETモール】

請求日の月以前の分を遡って受け取ることができません

老齢年金 繰上げ 注意点

任意加入・保険料の追納ができなくなります

繰上げ請求をすると老齢年金の受給権者になるため任意加入や保険料の追納によって年金額の増額をすることができなくなります。

65歳になるまで遺族年金を併給できなくなります

老齢年金 繰上げ 注意点

65歳になるまでは、どちらかの年金を選択することになります。

寡婦年金が受けられなくなります。

 老齢年金を繰り上げると寡婦年金の権利がなくなります。繰上げした日以後は国民年金の寡婦年金は支給されなくなります。

トゥルースリーパープレミアケア布団タイプ 老齢年金 繰上げ 注意点

寡婦年金とは

寡婦年金とは国民年金の第1号被保険者の旦那さんが保険料を10年以上納めていた時に年金を受けることなく亡くなってしまった時、奥さんが60歳から65歳までの有期年金が支給されlます。

 保険料10年は、保険料納付剤期間と免除期間を含みます。

事後重症による障害基礎年金が受給できなくなります。

事後重症は、最初に医療にかかった日(初診日)から1年6ヶ月後にある障害認知日の時点では障害等級1級、2級に該当しなかったものの、その後に障害の状態に該当することをいいます。

ただし、事後重症うには以下のルールがあります。

  • 障害認知日の後に障害の状態に該当した
  • 65歳の誕生日前々日までに事後重症による障害年金を請求すること
老齢年金 繰上げ 注意点
様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
労働基準法 労働条件の原則 基本7原則
年金コード検索フォーム
タクシー・ハイヤーの運転者の労働時間について改善基準告示が策定されました
就業規則 遅刻・早退・欠勤等

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

    オセロに挑戦

       

    タイトルとURLをコピーしました