はら社労士

労務に関するご相談お待ちしております。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

トラック運転者の拘束時間、休息期間

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています。
トラック運転者の拘束時間、休息期間 トラック運転者
トラック運転者の拘束時間、休息期間
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

トラック運転者の拘束時間、休息期間が改正されます 令和6年4月1日〜

トラック運転者の拘束時間、休息期間等の改善告示が令和6年4月1日から改正されます。今回は改善告示の改正により拘束時間、休息期間についてです。

created by Rinker
¥2,200 (2024/07/14 14:38:14時点 楽天市場調べ-詳細)

1年、1ヶ月の拘束時間

令和6年の4月1日から1年の拘束時間は原則3,300時間以内、1ヶ月の拘束時間は284時間になります。

トラック1年の拘束時間

拘束時間とは

 拘束時間とは労働時間と休憩時間を合わせた時間を言います。仮眠時間や手待ち時間も含めた使用者に拘束される始業時刻から終業時刻までの全ての時間を言います。

労使協定による延長の条件

 労使協定を結ぶことによって上の1、2の条件を満たすことで1年間で3400時間、1ヶ月310時間以内(年6ヶ月まで)延長できるようになります。

1日の休息期間

休息期間とは

 退社してから出社するまでのインターバルのことを言います。

 退社から出社まで原則11時間が必要です。

家に着いてからではなく会社を退社してから休息期間がスタートすることに注意が必要です。

スポンサーリンク
初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール【DMM FX】 q
dポイントがどんどんたまる【d払いポイントGETモール】

例外

 長距離の運行で宿泊を伴う場合は休息期間が継続8時間以上(週2回まで)休息期間が9時間を下回る場合は運行終了後に次の出社までの期間継続12時間以上の休息を与えること

Overseas:最近の投稿

様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
年金コード検索フォーム
雇用保険 離職理由コード
労働基準法 労働条件の原則 基本7原則
労働基準法 クイズ 1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント