はら社労士

社会保険労務士として開業いたしました。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

ハラスメント Q&A3 

スポンサーリンク
ハラスメント Q&A3 就業規則
ハラスメント Q&A3
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワーハラスメント対策の 必要性は感じていますが、ど こから手をつけてればいいの?

取組内容のカテゴリーを紹介します。何から始めるかは、緊急性のある取 組み、優先順位が高い取組みや着手しやすい取組みなどから、企業によっ てそれぞれの職場に即した形で取り組み、継続して充実させていくことが 重要となります。 

1 推進体制の整備

パワーハラスメント対策を具体的に推進する組織として「防止対策 委員会」のような体制を整備し、推進母体とします。  

2 基本方針の明確・明文化

企業として「職場のパワーハラスメントは許さない」という方針を 企業トップのメッセージとして打ち出し、就業規則等への規定など パワーハラスメント防止のルールを明確にします。  

3.社内の実態を把握

企従業員へのアンケート調査やヒアリングなどで社内の実態を分析 し、自社のハラスメント対策の方向性や課題を把握します。  

4 相談・苦情処理体制の整備

パワーハラスメントの問題は、予防対策をしっかりとり未然に防ぐ のが第一ですが、発生してしまった場合の対応として相談・苦情処 理体制を整備しておきます  

4 相談・苦情処理体制の整備

パワーハラスメントの問題は、予防対策をしっかりとり未然に防ぐ のが第一ですが、発生してしまった場合の対応として相談・苦情処 理体制を整備しておきます  

5 従業員への教育・周知・啓発

パワーハラスメントに対する企業の方針や防止の取組みを従業員に 周知徹底するために、各種研修の実施やポスターの掲示、社内報へ の掲載など実施します  

トッ プや経営陣もパワーハラス メント対策に全く理解がない場合はどうすればいいの?

社内アンケートの結果分析などを提示し、自社の状況を理解してもらいま す。また、ハラスメント発生のリスクや使用者責任、防止対策の重要性等 について認識を強めるため、トップや経営陣に向けた導入研修を行うこと も有効です。  

パワーハラスメント防止を 打ち出すと指導や教育が難 しくなります。

管理職は部下を指導・育成する責務があり、時には厳しい指導や叱ること が必要な場合があります。自身が権力・パワーを持っていることを自覚し、 パワーハラスメントがもたらす自身や職場全体への影響、デメリットを理 解して、日頃のコミュニケーションの取り方やパワーハラスメントととら れない指導の方法を身に着けることが必要です。管理職研修などで指導法 やアサーション、アンガ-マネジメントなどのスキルを身に着けていきま しょう。  

外部リンク言い方ひとつで変わる会話術
※アサーション 相手の気持ちや考えを尊重しながらも、自分の気持ちや 考えをその場に適切な表現で相手に率直に伝えるスキルを身に付けていきましょう。
※アンガ-マネジメント 自分のアンガー(イライラや怒りの感情)を 理解して癒したりポジティブな方向へ展開する等上手に コントロールするための手法

アンケートを取るときの注 意点は?

以下の点に注意しましょう。  

①アンケート調査の目的を明確にし、安心して率直な回答を得られるよう に工夫する。  

②可能な限り多くの従業員、派遣社員やパートタイム従業員なども対象と して実施する  

③パワーハラスメントについての知識が乏しい場合が想定されるので、選 択式の設問を多くし、回答しやすい内容とする。  

④継続して実施して、周知・啓発や教育・研修の効果を把握し、今後の取 組み課題を分析する。  

⑤無記名とする、回収方法などで個人が特定できないようにする.

パワーハラスメントに関するアンケート調査 例出典:厚生労働省ホームページより

209.65 KB
 
1a2cc7f2fa1e9b5d067e54fe4a30e907

パワーハラスメント防止規 程を作るときのポイント は?

ルールとして明確化しておくポイントは  

①職場におけるパワーハラスメント防止の目的と意義  

②職場におけるパワーハラスメントの定義  

③相談・苦情窓口の設置と諸手続き  

④プライバシー保護と相談者に対する不利益処分の禁止  

⑤行為者に対する処分の内容  

規程の内容等をすべての従業員に周知徹底することが必要です  

引用:厚生労働省ホームページ

戻る

Follow me!

  • 毎月1度お好きな1セットを自宅にお届け
  • 自由テキスト

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました