はら社労士

労務に関するご相談お待ちしております。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

【解説】社会保険年収の壁崩壊の意味と影響とは?

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています。
【解説】社会保険年収の壁崩壊の意味と影響とは? 社会保険
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「社会保険年収の壁崩壊の意味と影響とは?」



「社会保険年収の壁崩壊の意味と影響とは?」というタイトルをご覧いただき、興味を抱かれたことでしょう。この記事では、社会保険制度における年収の壁崩壊について、その意味と影響について解説しています。

社会保険制度は、働く人々が安心して生活できるために重要な役割を果たしています。しかし、長年にわたり、年収の壁が存在し、その壁を越えることが難しい現状がありました。

この記事では、その年収の壁崩壊の意味とは何かについて詳しく解説しています。また、この変化が社会保険制度にどのような影響を与えるのかも探っていきます。

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール【DMM FX】

1. 年収の壁についての概要

1-1. 年収130万円超も「2023年10月から連続2年まで扶養に」年収の壁対策のパッケージの概要とは?

年収の壁とは、社会保険の対象となる年収の上限を指します。年収130万円を超えると国民年金や健康保険の扶養が外れて独自に加入義務が発生してしまいます。現在、年収が130万円を超えると、扶養から外れてしまい、自分自身で社会保険に加入しなければなりません。しかし、2年後は年金制度改正があるためそれまでのつなぎの制度という位置付けになりそうです。

この年収の壁について、政府は対策を打ち出しました。その内容は、年収の壁を超えても、2年間は一時的な扶養にとどまることが出来る制度です。これにより、年収の壁を超えてしまった人も、事業主が一時的な収入の増加を証明することで社会保険に加入しやすくなります。

 社会保険への加入者数の増加によって、社会保険制度の持続可能性が向上することです。また、社会保険に加入することで、病気やケガによる医療費の負担が軽減され、安心して生活することができます。

このように、年収の壁を一時的に取り払う制度は、社会保険制度の改善と、より多くの人々が社会保険に加入することを促すものです。これにより、国民の健康や安全を守るための基盤が整備され、より良い社会が実現することが期待されています。

2. 政府の方針による変更

2-1. 「年収の壁」130万円超え2年連続まで扶養OK 10月から 政府方針(毎日新聞)

政府は、扶養控除という制度を改定し、"年収の壁"を130万円以上に引き上げる方針を発表しました。この改定により、家族の扶養に入れるための条件が緩和され、より多くの人が扶養控除の恩恵を受けることができるようになります。

dポイントがどんどんたまる【d払いポイントGETモール】

具体的な例を挙げると、年収が140万円のAさんは、事業主が一時的な収入増加を証明を年金事務所にすることで、Aさんも扶養控除を受けることができるようになります。これにより、Aさんは国民年金の第3号被保険者に残ることができます。

この政府の方針により、より多くの人々が社会保険の恩恵を受けることができるようになります。社会保険年収の壁が崩壊することで、社会的な格差が縮まり、より公平な社会の実現に一歩近づくのかもしれません。

2-2. 「年収の壁」130万円超でも2年まで扶養に 2023年10月から

2023年10月から、日本では「年収の壁」130万問題が

 これは、一定の条件を満たす人が、年収が130万円を超えても、2年間は扶養家族として認められるというものです。具体的にはサラリーマンの旦那さんに扶養されている国民年金の3号被保険者の奥さんなどが年収130万を超えた場合が該当します。

この制度の導入により、年収が130万円を超えても、扶養家族としての経済的な支援を受けることができます。これにより、生活の安定や教育費の負担軽減など、家族の生活にプラスの影響が期待されています。

ただし、直近の収入に基づく年収の見込みが 130 万円以上となる場合でも、 直ちに被扶養者認定を取り消すのではなく、総合的に将来収入の見込みを 判断することとしています。

【解説】社会保険年収の壁崩壊の意味と影響とは?

第3号被保険者とは

会社員の旦那さん(厚生年金の被保険者)に扶養されている配偶者の方で、原則として年収が130万円未満の20歳以上60歳未満の方

 

3. パートタイム労働者の問題解決策

3-1. 「年収の壁」130万円超でも連続2年まで扶養可能に パートで働く時間を抑える問題の解決策を検討中

年収の壁とは、パートやアルバイトなどの非正規雇用者が、年収が一定額を超えると扶養家族の範囲から外れ、社会保険の加入が義務付けられるという制度のことです。しかし、この制度には問題があります。なぜなら、非正規雇用者はパートタイムで働いていることが多く、時間を抑えることで年収の壁を回避しているため、社会保険に加入することができないのです。

この問題を解決するため、政府は年収の壁を130万円を超えても2年間は扶養家族の範囲内として認めることを検討しています。これにより、非正規雇用者でも一定期間は社会保険に加入することができるようになります。

この改正案により、非正規雇用者が社会保険に加入する機会が増え、社会的な安定が図られると期待されています。また、非正規雇用者がより安心して働ける環境が整備されることで、労働力の活用が進むとも言われています。

年収の壁の問題は、非正規雇用者の働き方改革や社会保険制度の見直しの一環として注目されています。今後の政策の進展に注目したいところです。

4. 政府の検討中の案について

4-1. 年収130万円超も「一時的なら連続2年まで扶養に」で検討 政府

政府は、年収が130万円を超える場合でも、2023年の10月から連続2年まで扶養に入れるという制度を検討しています。

現在、扶養控除という制度があります。これは、家族が一定の収入を超えると、その家族は扶養から外れ、自分で社会保険料を払う必要があります。しかし、130万円を超える程度の収入では、まだ自分で生活するには十分ではありません。そこで、政府は、一時的な収入の増加による場合でも、引き続き扶養に入れることを検討しています。

この制度の導入により、一時的な収入の増加によって事業主が証明した時は、家族の扶養に入ることができるようになります。これにより、収入の増加によって生活が安定するまでの間、社会保険料の負担を軽減することができます。

 被扶養者の認定は、過去の課税証明書、給与明細書、雇用契約書等を確認することとしています。証明の理由は人手不足による一時的な労働時間の延長等に伴う収入変動とすることで迅速な認定を目指す方針を定めています。

政府の検討が具体化すれば、収入が130万円を超える人々にとっては大きな支援となるでしょう。しかし、この制度が導入されるかどうかはまだ不明です。今後の政府の動向に注目が集まります。

まとめ

社会保険年収の壁崩壊は、従来の最高限度額を超える年収でも社会保険に加入できる制度改革を指す。これにより高収入者も保険制度の恩恵を受けられる一方で、保険財政には影響が出る可能性もある。しかし、労働者の保険加入率向上や社会保障の充実にも寄与することが期待される。

参考 年収の壁支援強化パッケージ

様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
年金コード検索フォーム
雇用保険 離職理由コード
労働基準法 労働条件の原則 基本7原則
労働基準法 クイズ 1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント