はら社労士

労務に関するご相談お待ちしております。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

専門業務型裁量労働制の改正ポイントと注意点

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています。
専門業務型裁量労働制の改正 みなし労働時間
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2024年4月の専門業務型裁量労働制の改正は、多くの企業にとって重要な変更点をもたらします。この記事では、改正のポイントと実務上の注意点を、専門用語の解説を交えながらわかりやすく解説します。

専門業務型裁量労働制とは?

専門業務型裁量労働制とは、専門的な知識や技能を要する業務に従事する労働者に対して、労働時間ではなく成果で評価する制度です。この制度のもとで働く労働者は、自らの裁量で仕事の進め方を決定でき、業務の成果に基づいて評価されます。

dポイントがどんどんたまる【d払いポイントGETモール】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

専門業務型裁量労働制改正点 YouTube

2024年4月改正の概要

1. 同意の取り方と撤回手続きの明確化
  • 同意の取り方: 専門業務型裁量労働制を適用するには、労働者からの明示的な同意が必要とされ、その取り方がより厳格に定められます。
  • 撤回手続き: 労働者が一度同意した後でも、その同意を撤回する手続きを明確に設定する必要があります。
弥生給与 Nextはこちら
2. 労使協定の新要件

労使協定には、同意の取り方や撤回手続きのほか、労働者の健康管理に関する取り組み、同意しなかった場合の不利益な取扱いの禁止など、新たな内容が追加されます。

3. 健康管理の強化

改正により、労働時間の適切な管理や労働者の健康管理に関する取り組みがより強調されます。勤務間インターバルの確保や、長時間労働の防止措置が具体的に求められるようになります。

実務上の注意点

1. 労使協定の見直しと更新

まず、既存の労使協定を見直し、改正に対応するために必要な変更を行うことが重要です。新たな要件を満たしていない場合は、速やかに更新作業を進める必要があります。

エックスサーバー
2. 労働者への説明責任

改正内容を理解してもらうために、労働者への丁寧な説明が求められます。特に、同意の取り方や撤回手続きについては、労働者が自らの意思で決定できるよう、十分な情報提供と説明が必要です。

3. 健康管理措置の具体化

勤務間インターバルの確保や、長時間労働の防止など、健康管理に関する措置を具体的に検討し、実施することが求められます。これらの措置は、労使協定に明記し、実際に運用することが重要です。

4. 記録の保持

同意の取得や健康管理措置の実施状況など、関連する記録を適切に保持することが必要です。これらの記録は、将来的なトラブル時の証拠となり得るため、丁寧な管理が求められます。

まとめ

2024年4月の専門業務型裁量労働制の改正は、労働者の健康と権利をより一層保護するための重要なステップです。企業は、改正に合わせた適切な対応を行い、労働者と共により良い労働環境の構築に努めることが求められます。この改正によって、労働者の健康を守りながら、柔軟かつ効率的な働き方を実現することが期待されます。

このブログが、専門業務型裁量労働制の改正ポイントと注意すべきポイントを理解する助けになれば幸いです。改正に向けた準備は早めに始めることが重要ですので、今後の対応計画をしっかりと立ててください。

様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
年金コード検索フォーム
雇用保険 離職理由コード
労働基準法 労働条件の原則 基本7原則
労働基準法 クイズ 1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント