はら社労士

社会保険労務士として開業いたしました。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

長時間労働の削減に向けて

スポンサーリンク
長時間労働の削減に向けて 労働時間
長時間労働の削減に向けて
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長時間労働の削減に向けて必要なこと

長時間労働削減に向け必要なこと、長時間労働や過労死を防止するために国が定めたガイドラインに沿って解説していきます。

労働時間の適正な把握

使用者には労働時間を適正に把握す責任があります

労働者の「実労働時間」と「自己申告した労働時間」に大きな違いがある場合、使用者は実態調査を行うこと

「使用者の明示または黙示の指示により自己啓発等の学習や研修受講をしていた時間」は労働時間として取り扱わなければならないこと等を明確化する。

割増賃金の未払いや過重な長時間労働の問題を無くすこと。

長時間労働の削減に向けての労働時間の把握

原則的な方法

  • 使用者は、労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を確認し、適正に記録すること
    • 使用者が、自ら現認することにより確認すること(現認とは、使用者等が、現場で確認することです)
    • タイムカード、ICカード、パソコン使用時等の記録を客観的な記録を基礎として確認し、適正に記録すること
長 時間 労働 の 削減 に 向け て

やむを得ず自己申告による方法

  • 自己申告を行う労働者や、労働時間を管理する者に対しても自己申告制の適正な運用等ガイドラインに基づく措置等について、十分な説明を行うこと
  • 自己申告により把握した労働時間と、入退場記録やパソコンの使用時間等から把握した在社時間との間に著しい乖離がある場合には実態調査を実施し、所要の労働時間の補正をすること
  • 使用者は労働者が自己申告できる時間数の上限を設ける等適正な自己申告を阻害する措置を設けてはならないこと。さらに36協定の延長することができる時間数を超えて労働しているにもかかわらず、記録上これを守っているようにすることが、労働者等において慣習的に行われていないか確認すること

実態と記録が明らかに違うことがないように労働管理の適正な記録が求められます。

自己申告制は、労働者による適正な申告を前提として成り立つものです。このため、使用者は、労働者が自己申告できる時間外労働の時間数に上限を設け、上限を超える申告を認めない等、労働者による労働時間の適正な申告を阻害する措置を講じてはならないこと。

時間外労働36協定の周知

36協定は、過半数労働組合(無い場合は過半数代表者)と締結して労働基準監督署に届出をして、労働者に周知することが必要です。

年次有給休暇取得促進へ

年次有給休暇を取得して、長時間労働の軽減を図ります。

長時間労働の削減に向けての労働者疲労蓄積自己診断チェックリスト

17b809a17fdc31c57045f2c5b1c13548

様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
タクシー・ハイヤーの運転者の労働時間について改善基準告示が策定されました
就業規則 遅刻・早退・欠勤等
雇用保険の特定理由離職者とは!!特定理由離職者の範囲と用意する資料とは
就業時刻 始業・終業

Follow me!

日焼けが気になる季節になってきました。

日焼けケアの基礎知識についてまとめましたので是非ご覧ください。

https://www.harashiarousi.sizuokasiarousi.com/1239/how-to-apply-uv-cream/

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました