はら社労士

労務に関するご相談お待ちしております。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

固定残業制度の導入方法

スポンサーリンク
アフィリエイト広告を利用しています。
固定残業制度の導入方法 賃金
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

固定残業制度の導入方法

 固定残業制度の導入方法について深く掘り下げ、従業員の給与にあらかじめ決められた残業代を含める制度について解説します。固定残業制度の意味、その利点と欠点、固定残業制度とみなし労働時間制度の違い、そしてこの制度を導入する際の重要なポイントについて探求します。さらに、潜在的な法的影響を明らかにし、固定残業制度の効果的な管理戦略についての洞察を提供します。

YouTube固定残業代の注意点

1.固定残業制度とは

 

 固定残業制度(みなし残業)とは、企業が従業員に支払う給与の計算にあらかじめ一定時間分の残業代を含める制度です。通常、従業員が労働時間外に業務を行うと、企業は基本給のほかに残業代を支払います。しかし、固定残業制度を導入すると、あらかじめ定められた時間分の残業代が給与に含まれるため、従業員に別途残業代を支払う必要がなくなります。ただし、規定された時間を超えた残業が発生した場合には、別途残業代を支払う必要があります。この制度を適切に運用することで、企業は人件費の把握が容易になり、給与計算の煩雑さが軽減されるといったメリットがあります。

2.固定残業代導入のメリット

  

 固定残業代制度の導入には、以下のようなメリットがあります。

  • 従業員の給与計算が簡素化される
  • 人件費の把握が容易になる
  • 業務効率や生産性の向上が期待できる
  • 従業員の給与が安定し、雇用アピール度が高まる

3.固定残業制度導入のデメリット

 一方で、固定残業代制度には以下のようなデメリットも存在します。

  • 一定レベルの残業代支給があらかじめ決まっているため、人件費が増加する可能性がある
  • サービス残業が横行する状況に陥りやすい
  • 管理者の誤解で長時間労働に結びつきやすい

4. 固定残業代制度の導入ポイント

固定残業代制度を導入する際には、以下のポイントに留意することが重要です。

  • 就業規則に詳細なルールを記載し、従業員に明示する
  • l基本給と残業代を分けて固定残業時間にいくらの時間外労働が設定されちるのかを労働者に明示する。
  • 時間外労働が見込まれるため36協定を締結する。
  • 固定労働時間に設定する時間外労働が長時間にならないようにする。
  • 従業員の労働時間の管理を継続する
  • 規定時間を超えた分の割増賃金が支払われるようにする

適用範囲の明確化

 固定残業制度を適用する対象部署や従業員、および対象となる業務範囲を就業規則で明確に定めましょう。適用範囲が明確であることで、混乱や不公平感を回避できます。

固定賃金の計算式(月給制の場合)

基本給と諸手当

 基本給と各種諸手当が含まれますが諸手当に参入しない手当は以下の通りです。

  • 家族手当
  • 通勤手当
  • 別居手当
  • 子女教育手当
  • 住宅手当
  • 臨時に支払われる手当
  • 1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金

 名称ではなく内容で判断されるので注意が費用です。

1ヶ月の平均所定労働時間(月給制の場合)

計算例

 月平均所定労働時間の計算例です。

 1年の暦日が365日の年、休日合計数が119日、1日の所定労働時間が8時間として計算すると以下の通りになります。

月平均所定労働時間 = (365日 - 119日)× 8時間 ÷ 12ヵ月
= 246 × 8 ÷ 12
= 1968 ÷ 12
= 164時間

割増率

割増賃金の種類 割増率

時間外労働

 

2割5部以上

月60時間を超える時間外労働

5割以上
休日労働 3割5分以上
深夜労働 2割5分以上
時間外労働+深夜労働 5割以上
休日労働+深夜労働 6割以上
様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
年金コード検索フォーム
雇用保険 離職理由コード
労働基準法 労働条件の原則 基本7原則
労働基準法 クイズ 1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント