はら社労士

社会保険労務士として開業いたしました。
お気軽にご連絡お願いします。

お問い合わせ

労働基準法 14条 契約期間

スポンサーリンク
労働基準法 14条 契約期間 労働基準法
労働基準法 14条 契約期間
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

労働基準法 14条 契約期間とは

労働基準法 14条 契約期間とは、有期労働契約の期間の上限が原則3年になっていますが例外的に、建設業等の期間が決められている事業や認定職業訓練を受ける労働者は終期まで、専門的知識のある労働者、60歳以上は5年までとなっています。

労働基準法 14条 契約期間 条文

(契約期間等)

第十四条 労働契約は、期間の定めのないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、三年(次の各号のいずれかに該当する労働契約にあつては、五年)を超える期間について締結してはならない。

 専門的な知識、技術又は経験(以下この号及び第四十一条の二第一項第一号において「専門的知識等」という。)であつて高度のものとして厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者(当該高度の専門的知識等を必要とする業務に就く者に限る。)との間に締結される労働契約

 満六十歳以上の労働者との間に締結される労働契約(前号に掲げる労働契約を除く。)

出典:e-Govポータル (https://www.e-gov.go.jp

労働基準法 14条 契約期間 音声

労働基準法14条前置き
労働基準法14条1項
労働基準法14条2項

ナレーション 音読さん

会員募集中!店舗でもネットでも使えるクーポンお届け 労働基準法 14条 契約期間ムダ毛処理に厳しいトルコ発!【ヘアーリデューシングクリーム】 労働基準法 14条 契約期間 労働基準法 14条 契約期間

有期労働契約上限の原則

有期労働契約の上限は原則3年です。

有期労働契約上限の例外

以下の4つの例外があります。

一定の事業の完了に必要な期間を定める労働契約

土木の事業等で、事業の期間と同じ期間の労働契約を定めた場合はその事業の終期を労働契約の期間にすることができます。

認定職業訓練を受ける期間

認定職業訓練を受ける期間の有期労働契約も職業訓練の期間が終わるまで有期労働の契約期間を延ばすことができます。

セカスト

専門的知識がある労働者の労働契約の上限

厚生労働省が定める専門的知識がある労働者の労働契約の上限は5年です。

専門的知識がある労働者主なもの

労働基準法 14条 契約期間
労働基準法 14条 契約期間
労働基準法 14条 契約期間
労働基準法 14条 契約期間
顔から背中まで全身使える【ヘアーリデューシングクリーム】!

満60歳以上の労働者

労働契約満了時に60歳以上の労働者は、業務の種類を問わず労働契約期間の上限が5年です。

期間の途中で退職する場合

期間の定めのある労働契約をしている労働者が(一定の事業に必要な期間の労働契約をしているものは除き、1年を超える労働契約があるものに限ります)が契約の途中で退職する場合は契約期間の初日から1年が経過すると使用者に申し出ることによりいつでも退職できます。

様々な限定社員の就業規則規定例(地域限定社員、勤務時間限定社員、職務限定社員)
就業規則 遅刻・早退・欠勤等
タクシー・ハイヤーの運転者の労働時間について改善基準告示が策定されました
就業時刻 始業・終業
雇用保険の特定理由離職者とは!!特定理由離職者の範囲と用意する資料とは

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました